化学・生命系学科 化学教育プログラム(EP)の概要

現代の私たちの生活を様々な形で支えている「化学」。未来に向けて、地球規模で人類が抱える資源、環境、エネルギーなどの諸問題を解決し、より豊かな、そしてより安全な社会の形成を目指して、私たちは理学と工学の融合から新しい「化学」の創造を追究しています。

化学が関わる分野は、物質が示す性質や化学反応、さらには生命現象などを根源的に理解しようという理学的な基礎化学から、分子や結晶を制御して新しい物質や機能性材料を開発しようという工学的な応用化学まで、幅広く多岐に渡っています。そして、化学は私たちが抱える資源、環境、エネルギーといった社会問題とも直接的に関わっています。現在、そして未来の豊かでかつ安全な生活の形成という社会的要請にとって、化学の発展は極めて重要です。

そこで私たち化学教育プログラムでは、理学と工学の横断的連携からさらに発展させて、理工融合によって連続的に1つに繋がった「化学」の創造により、新たな化学的価値観と素養を持ち合わせた人材を養成し社会に送り出すことを目的としています。

化学教育プログラムでは、化学という学問分野を深く追究する専門教育を修めた者には学士(理学)の学位を、 工学的利用を学ぶ専門教育を修めた者には学士(工学)の学位が授与されます。